こなおふケータリング事業部、寿司ロボット導入 出張パーティー料理展開

外食 ニュース 2013.11.20 10926号 09面
出張パーティー料理のお披露目であいさつする内藤雅樹代表

出張パーティー料理のお披露目であいさつする内藤雅樹代表

出張パーティー料理に寿司屋台とお櫃型寿司ロボットを使った出張にぎり寿司で作りたてのライブ感を演出する

出張パーティー料理に寿司屋台とお櫃型寿司ロボットを使った出張にぎり寿司で作りたてのライブ感を演出する

 こなおふのケータリング事業部は年末の忘年会シーズンに向けて「寿司ロボット」を導入し「出張パーティー料理」の展開を始める。出張にぎり寿司で作りたてのライブ感を演出し、ケータリング事業で差別化を図る。専門の寿司職人がいなくても、寿司ロボットを使うことで従来のパーティーメニューに低価格でにぎり寿司を追加できる。使用する寿司ロボットは、ライブ感覚で対面にぎりが楽しめる、鈴茂器工の「お櫃(ひつ)型寿司ロボット“助っ人”」と通常はバックヤードで使用する「小型シャリ玉ロボット」。同社は1

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら