紅茶で「深い集中力」向上 日本紅茶協会、飲用実験で確認

飲料 ニュース 2017.06.23 11546号 05面

 日本紅茶協会は16日、紅茶の飲用が集中力に与える影響を検証するために、品川女子学院の協力を得て、ジンズ社が展開するメガネ型ウェアラブルデバイス「ジンズ・ミーム」と同社が提供する集中力を計測する専用アプリ「ジンズ・ミーム・オフィス」を活用し、脳神経外科医・菅原道仁氏の監修の下、紅茶による集中力の変化を測定する実験を実施し、紅茶の飲用により「深い集中力」を向上させることなどを確認し公表した。  試験は5月に同校29人を対象に行われた。紅茶飲用のA群と水飲用のB群に分け、(1)ジ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら