養老乃瀧、居酒屋チェーン初のSQF認証取得 安全・独自性・高付加価値メニュー提供

外食 ニュース 2016.02.08 11310号 11面
SGSの展開するSQF認証を受けた養老乃瀧グループの食品加工センター「YRカミサリー・プラント川崎」

SGSの展開するSQF認証を受けた養老乃瀧グループの食品加工センター「YRカミサリー・プラント川崎」

認定書を渡す鈴木信治SGSジャパン社長(右)とそれを受ける矢満田敏之養老乃瀧社長

認定書を渡す鈴木信治SGSジャパン社長(右)とそれを受ける矢満田敏之養老乃瀧社長

 養老乃瀧は、自社食品加工センターで1月末、認証機関のSGSジャパンが展開する安全品質食品基準(SQF)認証を取得した。居酒屋チェーンでのSQF認証は初めて。同グループで扱う多様なメニューで使用する食品の数は数百に及ぶ。食材は従来から同社の食品安全プログラムに適合したものを採用していた。  同センターでは、第三者認証による妥協のない安全性と品質を追求するためSQF認証を目指し、開設当初から取り組みを行ってきた。最近の食にまつわる問題、特に食品安全と防御

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら