曽田香料、富士フレーバー事業譲り受けへ

総合 ニュース 2017.06.23 11546号 01面

 曽田香料は21日、富士フレーバーのフレーバー事業撤退に伴い、フレーバー事業に付随する事業を譲り受ける方向で基本合意した。譲り受けの業務範囲は、加工食品向け調合香料事業や、これまで得意としてきた超臨界二酸化炭素抽出技術を活用した天然原料の抽出事業(各種エキストラクトの製造販売)ならびに天然色素事業を含むフレーバー事業全般が対象。  今後は、既存の顧客向けの製品供給に支障がないよう円滑な事業移管を両社での共通目標とし、17年9月末をめどに事業譲渡契約締結

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら