甘利香辛食品、20年ぶりの新商品「直火焼カレールウ」 化学調味料など不使用

調味 ニュース 2016.11.16 11443号 03面

 【関西】創業85年の京都・伏見の老舗スパイスメーカー甘利香辛食品が、約20年ぶりに発売したカレールウが学校給食業界で注目を浴びている。10月発売の「直火焼カレールウ(業務用1kg、市販用120g)」=写真=は化学調味料・動物性原料不使用ながら、コクと深みがしっかりあると発売早々、展示会試食を機に即決で給食に導入する学校が出ている。  「直火焼カレールウ」は同社開発チームが「ヘルシーで後味の良いカレーを作りたい」と開発に取り組んだ同社初の化学調味料・動物性原料不使用のカレール

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら