全国ビスケット協会、膨張剤金属異物混入問題で連絡会議を設置

菓子 ニュース 2019.05.29 11883号 02面

 全国ビスケット協会は、今年3月に発生した宇部興産が製造する膨張剤(重炭酸アンモニウム)に金属異物が混入している可能性が判明したことを受け、一部協会会員企業が、製品の自主回収を行ったことについて、協会内に連絡会議を設置するなど対策に向けた取組みを開始する。島田純専務理事が24日の会見で明らかにした。
 国内のビスケットメーカーなどが使用する膨張剤は、宇部興産がほぼ1社で提供する状況だった。こうした状況を、島田専務理事は、ビスケット生産に不可欠な資材が1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら