北陸中央食品、「春の商談会」開催 地方卸と初の協働

卸・商社 展示会 2020.02.21 12017号 07面
北陸3県コーナーで地場品を紹介

北陸3県コーナーで地場品を紹介

 【中部】北陸中央食品(富山県射水市)は5日、恒例の「春の商談会」を富山市のテクノホールで開催。富山県を中心に、石川、福井、東海や関東から得意先約200人が来場した。  北陸3県コーナーとして、20社が地場品などを紹介。特に今回初出展の福井の地方卸ブースが新しい取組みで、「これからは協働の時代」(澤田佳宏社長)を見据えて生鮮レタス、乾物などを紹介した。ほかには地元メーカーやNBメーカーなど140社が秋冬の新商品などを紹介し、コラボ提案するメーカーもあった。  ヘルス&ビューテ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら