外国人技能実習制度、「惣菜製造業」が初認定 実習期間が3年へ

 国際研修協力機構(JITCO)の外国人技能実習制度の職種認定に“惣菜製造業”が4月1日、厚生労働大臣公示され施行となる。日本惣菜協会は試験実施機関として惣菜製造業技能評価試験制度を策定し、外国人技能実習の申請を行っていた。これにより、職種“惣菜製造業”・作業“惣菜加工作業”は技術実習2号移行対象職種となる。惣菜製造業技能評価試験を受験して合格すれば2号となり、入国から3年間実習が可能となる。(福島厚子)  わが国の食品・惣菜製造業を取り巻く環境は、原材料の高騰や労働問題など

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら