PB、取引開始時に違反の恐れ 公取委が監視強化 独禁・下請法の周知要請

総合 ニュース 2014.07.02 11032号 01面

 公正取引委員会は、食品PB商品について取引を開始する際の取引条件の設定などに関する行為の中で優越的地位の乱用となり得る行為が相対的に多いことが「食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書」から明らかになったとして、独占禁止法違反、下請代金支払遅延等防止法違反の監視活動を強めている。6月26日には新日本スーパーマーケット協会に対し、同実態調査の結果と独禁法上の優越的地位の乱用と下請法の内容について会員企業への周知徹底を要請した。それに加えて同30日

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら