原料高騰:大豆 国産3年連続不作も影響

農産加工 ニュース 2021.04.07 12211号 01面

 豆腐や納豆、味噌、醤油、きな粉などに使用される原料大豆の価格が上昇している。シカゴ大豆相場は6年ぶりに高騰、国産も3年連続の不作となり高値を付けている。
 日本における大豆の需要について大部分は油糧用原料となっており、食品用では半分近くが豆腐・油揚げ用途、次いで醸造用途(味噌・醤油)、納豆が大きい。近年では豆乳の割合が増えている。
 大豆価格の高騰を受け、本紙は全国きな粉工業会会員企業を対象に緊急アンケートを実施、13社から回

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら