鰹節業界に深刻な影響 カツオ魚質低下 資源保護など高深度漁労へシフト

水産加工 ニュース 2021.11.08 12320号 01面

 今年に入り、鰹節に適したサイズのカツオが漁場から消えた。鰹節にするには、脂の少ない1.8kg程度の小ぶりなカツオが適しているが、2.5kg以上のカツオしか水揚げされていない。日本近海からフィリピン、インドネシアの東南アジアすべての海域が同じ傾向にあるという。鰹節に適したカツオが少なくなり、このことが徐々に鰹節メーカーに深刻な影響を出しつつある。脂があって削り節にならない鰹節が増え産地の在庫は増加傾向にある。コロナ禍で削り節の業務用需要が激減する中、供給への影響は今のところな

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介