国内唯一の綿実油搾油メーカー・岡村製油、副産物・第2次製品が農業など幅広い業界に貢献

深い歴史を持つ岡村製油

深い歴史を持つ岡村製油

 綿実油の年間国内生産量(約4000t)の約半分を担う国内唯一の綿実油搾油メーカー・岡村製油が、搾油副産物と同・2次製品の研究開発の成果を食品業界以外にも提供、さまざまな業界からあつい期待が寄せられ、製品が活用されている。  同社は、1892年の創業以来、食用油脂の専門メーカーとして綿実油搾油をメーンに展開、それ以外では、67年に生産を開始した「キシロース」が加工食品メーカーでは欠かせない原材料となり、多くの搾油副産物が工業界、農・畜産業界で利用されている。  綿実は現在10

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら