たべぷろワーママ応援レシピ2022春賞 1位は「ホットケーキミックスでつくるツナコーンピザ」

総合 ニュース 2022.06.08 12412号 06面

1位を獲得した小島香住さん(上)

1位を獲得した小島香住さん(上)

 日本食糧新聞社が運営する働く母親(ワーキングマザー=ワーママ)向けメニュー提案サイト「たべぷろ」は、Cooking Influencer Japanとコラボした読者参加企画「たべぷろワーママ応援レシピ2022春賞」をWebサイトとインスタグラムで4月25日まで開催。読者投票で今春のベストレシピを決定し、表彰式を5月19日に開催した。1位を獲得したのは、野菜ソムリエプロ・管理栄養士・たべぷろ認定ライター小島香住さんが考案した「ホットケーキミックスでつくるツナコーンピザ」=写真。常備している家庭も多い「ホットケーキミックス」をピザ生地に代用したメニューだ。

 今年度に入りさまざまな食品が順次値上がりしており、それに伴い消費者も買い控え傾向にある。家庭用プレミックス粉も例に違わず、多くの家庭で常備されているホットケーキミックスを他の粉の代替とし、「ホットケーキ」以外のメニューにも活用している働く母親が多くいることが、たべぷろ独自で行ったアンケートからも分かった。料理によって数種のプレミックス粉を使い分けるのではなく、節約も兼ねてホットケーキミックスで代用しており、本受賞のピザも同様に、ホットケーキミックスをピザ生地に使うことで時短もかなえている。

 また、自宅保育をしながら在宅ワークに取り組む小島さんは、頻繁に作るホットケーキをもっと栄養バランスに富んだメニューにしたいと考え、コーンとツナで野菜やタンパク質も摂取できるメニューとした点は、多くの働く母親が抱える子どもの栄養の悩みに寄り添ったものだろう。

 「生地をこねたり具材をトッピングする工程を子どもにも手伝ってもらうことで、食への興味も湧き、食育にもつながりますし、食事作りの時間が親子のスキンシップとなります。普段の食事に必ず野菜を一種類は使うようにしていますが、野菜ジュースやスムージーなどでもいいので、まずは野菜をおいしく食べてくれればよいと思います」と野菜ソムリエプロとしての助言も行った。

 オンライン表彰式では杉田尚社長から、元食品メーカー社員でもある小島さんとの深い関わりに感謝を述べ、「創刊80周年を迎える今年は“ファンづくり”強化の年と位置付けており、新たな取組みも行っていく中で、ますますのご協力をお願いしたい」と謝辞を述べた。(たべぷろ編集長・貞苅江梨子)

■関連記事
【たべぷろワーママ応援レシピ2022春賞】オンライン表彰式を開催! – たべぷろ