マックスバリュ中部、15年2月期決算 増収大幅減益 今後は惣菜・生鮮を強化

小売 決算 2015.04.13 11165号 02面

 【中部】マックスバリュ中部の15年2月期連結決算は、譲受7店含む15店舗の新規出店(期末までに7店閉鎖し、実質8店増)で、営業収益は前年比7.7%増の1649億4400万円と増収となったが、その新店や既存店の売上げ計画未達、人件費などの増加で経常利益は69.5%減の5億3800万円、当期純利益は46.1%減の2億1200万円と大幅減益となった。  新店の売上げ計画未達の理由は、異業種含めた競合激化を挙げ「ドラッグやコンビニなどの影響も見込んでいたが、

書籍紹介