セコマと北海道循環器病院、健康カレーを共同開発 道内の全店舗で販売

小売 ニュース 2017.09.13 11589号 12面
セコマの丸谷智保社長(左)と北海道循環器病院の津久井宏行理事長

セコマの丸谷智保社長(左)と北海道循環器病院の津久井宏行理事長

 【北海道】セコマは5日、同社会議室で北海道循環器病院と共同開発した健康カレーを発表した。  両社が健康増進に寄与する食品開発、普及を目的とした「食品の協同開発等に関する協定」を結んだ。同社としては医療法人との協定締結は初めてとなる。  同商品は、心臓疾患や高血圧の方向けに塩分、糖質を抑えた同病院のカレーレシピをセコマが商品化した。特徴は「健康的でありながらおいしいカレー」をコンセプトにスパイスやキノコ、ひき肉など素材のおいしさを生かした味わい。  なお、9月6日から「病院の

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら