自民党、選挙後に検討へ 茶葉の価格低落課題

飲料 ニュース 2016.05.23 11356号 02面

 自民党の茶業振興議員連盟は19日朝に開いた会合で、昨年8月にまとめた「茶業振興振興についての取り組みについて」に提言に基づいた各省庁の活動を検証した。農林水産省が最近の茶葉の価格は横ばい傾向と説明したが、議員から「実態にあっていない」と反発する意見が示された。2016年産一番茶の取引が一段落する参院選後に再度検証し、政策をまとめることを決めた。  昨年の提言では(1)価格の低落状況を鑑み、地域ごとの茶の需給・流通、価格を把握し、対策を打つ(2)輸出促進(3)消費者の新しい生

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら