原料原産地表示制度、重量2位以下も検討 農水省

総合 ニュース 2017.05.01 11519号 01面

 自民党の農林水産業骨太方針実行プロジェクトチームは4月27日の会合で、消費者庁と農林水産省がまとめた加工食品の原料原産地表示制度に関する食品表示基準改正案を検討した。議員の質問に答える形で、農水省は「今回の表示基準が浸透した段階で、重量順で2位以下の原材料も検討」と展望を示した。  消費者庁と農水省は自民党の意向にも配慮して、「全ての加工食品を対象に」「重量順で1位の原料の原産地表示を義務づけ」「頻繁に原産国が変わる場合などは可能性表示や大括り表示」

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら