日本GAP協会、ASIAGAP承認申請 中小零細対応も GFSIに野菜・穀物・茶分野

総合 ニュース 2017.12.01 11627号 01面

 日本GAP協会は11月29日、日本発の適正農業規範であるASIAGAP(旧JGAPアドバンス)について、世界食品安全イニシアチブ(GFSI)に承認申請したことを明らかにした。野菜、穀物、茶の分野で栽培、前処理などが対象。承認されるまでには約1年かかる見込み。今後、独自の農産物管理システムを持つ食品メーカー、生協を含めた小売業など国内食品産業にも理解を求めていく。(伊藤哲朗)  ASIAGAPはGFSIの同等性承認の要求事項に合わせて、JGAPアドバンスを8月に名称を含め改定

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら