伊藤忠食品、ワイン強化図る 提案・商品力で差別化

卸・商社 ニュース 2016.06.08 11365号 01面
代表的なブドウ品種をクイズ形式で試飲提供

代表的なブドウ品種をクイズ形式で試飲提供

オリジナル什器(じゅうき)によるブドウ品種別の棚割(130周年記念展示会)

オリジナル什器(じゅうき)によるブドウ品種別の棚割(130周年記念展示会)

 伊藤忠食品は今年スタートした中期経営計画に基づき、ワインへの注力を進めている。4月には、有資格者を中心としたワイン強化推進チームを新設するなど組織変革を実施した。  また、日本初上陸となるアメリカで人気のプロセッコ「ミオネット」の業務用向け販売を開始した。中計期間を通じ商品調達力と提案力を高め、ワインの拡販につなげていく。酒類の消費が減少する中、成長分野であるワインへの注力を鮮明にし、他社との差別化を推し進める考えだ。  東京・国際フォーラムで5月31日~6月1日に開催した

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら