キユーピーなど、加熱変性リゾチームでヒトノロウイルス不活化を確認

総合 ニュース 2015.07.27 11216号 01面

 キユーピーは東京海洋大学食品微生物学研究室との共同研究で、加熱変性リゾチームがヒトノロウイルスを破壊し、不活化することを確認した。昨年のマウスノロウイルスに続き、ヒトノロウイルスに対しても不活化機能を確認したもので、7月上旬発行の「Nature」系列のWeb版総合科学誌「Scientific Reports」に専門家による査読を経て掲載されている。  リゾチームは卵白などに含まれる細菌の細胞壁を溶かす酵素で、風邪薬の成分などにも使用されている。今回の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら