家庭用紅茶、拡大施策が加速 「層」「シーン」「目的」で攻めの仕掛け

飲料 ニュース 2016.02.08 11310号 01面

 家庭用紅茶の拡大施策が加速している。茶葉品の好転と粉末品の低迷が交錯する中、「飲用層」「飲用シーン」「飲用目的」の3軸で、攻めの仕掛けが今春打たれる。カフェインレスやアイス、機能性などによるものだが、潜在需要の高さや既存とのカニバリの少なさなどが特徴。成熟産業である一方、近年はコーヒーなど競合分野の後塵(こうじん)を拝していた同市場だが、巻き返しの材料が揃う。=関連記事7面(村岡直樹)  市場は15

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら