「日本生ハム協会」発足 正しい知識普及目指す

イタリア、スペインの長期熟成生ハムが紹介された

イタリア、スペインの長期熟成生ハムが紹介された

 日本生ハム協会は11日、東京都新宿区の小笠原伯爵邸で一般社団法人日本生ハム協会の設立と、今後の活動についての発表会を開催した。  骨付き、骨なしを合わせた長期熟成生ハムの輸入額は、2011年の23億5800万円から15年には47億7800万円になり、4年間で約2倍に急成長を遂げている(日本生ハム協会発表)。しかしながら、現在の日本市場では地中海の食文化を背景とした長期熟成生ハムに対する知識が乏しく、短期間で製造できる豚肉加工食品との差別化がなされてい

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら