農水省主催、醸造用ぶどうの生産拡大セミナー開催 日本ワイン、ブームから定着へ

 国産ブドウだけで造る「日本ワイン」の需要が拡大する一方、原料となるブドウが不足している。11日に東京の農林水産政策研究所で「醸造用ぶどうの生産拡大セミナー」(=写真、農林水産省主催)が開かれた。酒類総合研究所の後藤奈美理事長やワインクラスター北海道の阿部眞久代表、農林水産省の担当者らが登壇し、国産ブドウの現状や今後の課題について説明。ブドウ生産者やワイナリー関係者ら約70人が参加した。(岡朋弘)  〈第一部〉 費用に見合う質を  後藤氏 日本ワインへの注目が高まっているが、

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら