サミット、店内加工負担低減へ外部委託も

小売 ニュース 2016.05.18 11354号 10面

 サミットは店内加工の作業負担を低減するため、一部の作業をアウトソーシング(外部委託)の利用も検討する。同社は店内の生鮮食品を使って、焼く、煮るなど加工度を高めた商品施策(MD)の展開を進めているが、作業に人手がかかるため、負担を低減する。田尻一社長は「店内加工で特化すべきところに集中する。外部に加工を出しても問題ないものでも店内で行っていた工程がある。それらを排除する」と10日の決算説明会で話した。  店内と店外で行う作業の整理を全社的に見直して検討する。単純作業で品質や鮮

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら