ローソン、スープを中核に 「食べるスープ」を強化、18年200億円へ

小売 ニュース 2016.11.16 11443号 01面
竹増貞信社長

竹増貞信社長

 ローソンはスープを中核商品に育成し、18年度約200億円の販売を目指す。15日からスープのラインアップを9品に増やし、売場も棚2段で展開する。野菜などの具材がたっぷり入った食事になるスープで、健康志向や共働きなどで家事を短縮したい女性のニーズをつかむ。ローソンも10月の売上げが前年より2倍で推移しているなど好調で、商品開発と販売に力を入れる。  竹増貞信社長は、「主菜になる食べるスープを強化する。スープといえばローソンといわれるよう、しっかりと展開する」と14日の発表会で意

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら