ローソン商品戦略 店内厨房6000店に拡大 健康関連、野菜摂取切り口に

小売 ニュース 2018.03.28 11680号 04面
カウンターケースと平台で展開する店内調理の商品にはおかず惣菜も

カウンターケースと平台で展開する店内調理の商品にはおかず惣菜も

「まちかど厨房」で弁当やサンドなどバラエティー豊富な商品を展開

「まちかど厨房」で弁当やサンドなどバラエティー豊富な商品を展開

 ローソンは、18年度上期の商品戦略で店内厨房を強化するほか、注力する健康関連では野菜摂取を重点に置く。店内調理で弁当などを提供する「まちかど厨房」を全国6000店へ拡大し、有職主婦などを取り込み、夕夜間の販売強化につなげる。実店舗にしかできない出来たて商品で影響力が増しているネット通販にも対抗する考えもある。(山本仁)  「まちかど厨房」は約4300店で導入しているのを、18年度末までに一気に170

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら