永谷園、中国の麺事業拡大 合弁会社を設立

小麦加工 ニュース 2016.07.22 11385号 01面

 永谷園ホールディングス(HD)は11月、中国江蘇省南通市で合弁会社を設立して麺事業を拡大する。11年から半生麺を販売し、ニーズが高まっていると判断した。自社工場による製造・販売も行い、現在数億円の売上げを10億円へ伸ばす。  新会社は永谷園食品(江蘇)として資本金は8億円。永谷園HDが60%、香港の投資会社が40%出資する。11年から上海市でチルドラーメンなどの袋麺を永谷園ブランドで展開し、売上げを着実に伸ばしてきた。市場の実態を知る現地企業と共同経営し、来年11月をめどに

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら