ヒューコン、「HACCP対応食品生産装置」の一括受注を開始

ハンバーグの製造工程でステンレスベルトを使用

ハンバーグの製造工程でステンレスベルトを使用

 ヒューコンは、業界初となる「HACCP対応食品生産装置」の一括受注を開始している。食品工場では今後の人手不足とHACCPの義務化に伴い、生産設備の自動化が急務となる。同社は半導体工場で培ったクリーン性の維持管理のノウハウを基に、食品生産向けに、再設計したスチールベルトを使用した生産装置で問題解決を提案し、材料投入・生産工程・包装工程までの生産ラインの一括受注を目指す。初年度5ユーザー(5000万円)の受注を目標にしている。  製品特徴は(1)ベルト自体が欠けたり、ほつれたり

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら