スーパーマルアイ、次世代冷媒を採用 新設物流拠点にハネウェルの冷凍冷蔵装置

 兵庫県で食品スーパーを運営するマルアイが同県加古川市に新設した「ロジスティクスセンター(19年11月稼働開始)」の冷凍冷蔵システムに、ハネウェル(日本法人=日本ハネウェル)のソルスティスN40(R-448A)冷媒を採用した。冷凍冷蔵エリア8250平方mを有するセンターは、同社が県内に展開するスーパーマーケット63店舗(このうち12店舗でソルスティスN40採用済み)の物流ハブとなる施設だ。今回の採用は、冷凍冷蔵倉庫用途でアジア初となる。  1953年に創業し、地域密着型食品ス

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら