名畑、飲食専用マウスシールド開発 食事時のマスク負担、感染リスク軽減

飲食店向けに名畑が開発したマウスシールド

飲食店向けに名畑が開発したマウスシールド

 【関西】業務用酒類食品卸の名畑は、飲食専用マウスシールド「いただきマウス」を開発した。口を覆う部分を食事をする際は指で持ち上げ、会話の際は下げることで、飲食店利用時にマスクの着脱によるストレスをなくし、飛沫(ひまつ)による感染リスクを低く抑える。3月に大阪市内で開催する自社の飲食店向け展示会「食王(ショッキング)2021」で来場者に無料配布し、利用者の声を聞いた上で改良を加え販売する予定だ。
 コロナ禍の中、飲食店での食事の際は感染のリスクを軽減する

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら