日本水産・20秋冬 簡単調理で食卓豊かに 生活者意識深化は総合力対応

浜田晋吾専務

浜田晋吾専務

 日本水産(ニッスイ)は家庭用の20年秋冬新商品として、冷凍食品8品(18億8500万円)、常温品5品(1億8900万円)、フィッシュソーセージ1品(8400万円)、日配品3品(3億1200万円)を9月1日(一部10月)から発売する(カッコ内は年間販売目標)。全体コンセプトは“食シーンを豊かにする「食卓応援団」”。新型コロナウイルスによる購買行動の変化を受け、加速する中食・内食化や簡単調理ニーズに対応する。(藤村顕太朗)  浜田晋吾専務は発表の場で「コロナによって従来の生活者

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら