味の素冷凍食品、R&Dの拠点FTDを公開

黒崎正吉社長

黒崎正吉社長

 味の素冷凍食品は10月27日、親会社の味の素社川崎事業所内に建設したフローズンフード テック&デザイン ステーション(FTD)=写真=を報道陣に公開した。FTDは研究・開発センター、生産本部生産技術開発部、生産本部品質管理部の3事務所を集約したR&D拠点として、味の素社、味の素AGF社、味の素冷凍食品の3社の技術を融合。「世界の冷凍食品事業がここに集まり、世界に向けて展開していく。冷食の付加価値を高めるべくチャレンジを続けていきたい」(黒崎正吉社長)との意気込みを示した。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら