2022新春の抱負:日本・中医保健医学会・西川修理事長 “食”が体作りの原資

総合 インタビュー 2022.01.14 12347号 04面

 新型コロナ狂騒が始まってはや3年、収束が見えたのもつかの間、今や変異株のオミクロン株の出現でまたもや騒動が始まりそうな昨今。それにつれてワクチン騒動で明け暮れした2021年も終え、新しい年を迎えたものの静かな新年の幕が上がりました。私は当初から人が持つチカラを育てよう、と言い続けてきましたが、それを証明するかのように昨年12月8日に国立理化学研究所が「未感染者の83.3%の人は体内に新型コロナウイルスと戦った証拠となるキラーT細胞が見つかった」と発表しました。すなわち、未感

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら