食創造都市大阪推進機構、魅力発信へ意見交換

 【関西】“食のまち・大阪”を世界にアピールし大阪の都市ブランド向上を進める目的で1月に設立した「食創造都市大阪推進機構」は12日、シンポジウムを大阪商工会議所(大商)で開催した。行政関係者、食関係メーカー、飲食業、まちづくり関係者ら105人に加え、オンラインでも70人が参加し5年後に迫る「2025大阪・関西万博」に向け、大阪の食魅力向上と世界への発信について意見を交わした。
 尾崎裕共同代表(大商会頭)が冒頭、「外食産業はコロナ禍で打撃を受けたが、感

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら