ふじのくに総合食品開発展2021・出展者紹介:沼津中央青果/ポラリス

総合 展示会 2021.03.01 12194号 05面

 ◆沼津中央青果 無加熱無加糖はちみつ

 沼津中央青果(沼津市・櫻井光雄社長)は、加熱や加糖処理を行わず、取れたての「海と空と富士山のみかん山より 西浦はちみつ生詰めはちみつ2本セット」を出品。

 「みかんはちみつ」は、1年間に2週間しか採蜜機会のないミカンの花を使用し、さっぱりとした風味と透き通った色合い。「夏百花」は、夏のミカン山に咲く花々を使い黄金色で濃厚な味わいが特徴。

 富士山と駿河湾の見える沼津市西浦地区でミカン農園と養蜂を営む高田農園から直送されるはちみつ好きもうなる逸品をぜひ。(問い合わせ=055・915・2323)(後藤温子)

 ◆ポラリス 多様な生産設備を製造

 ポラリス(島田市・寺田融社長)は食品・健康食品・医薬品の生産設備の製造を中核事業に、殺虫器「ムシぱっくん」などの環境衛生製品の取り扱いや製茶業界を中心とした経営コンサルタント業務も行う。

 生産設備は、脱水・乾燥・裁断・粉砕・選別・混合といった生産工程関連機器を幅広いラインアップを揃える。

 経営理念は顧客ニーズの実現を通じた利益と発展、感動を協創。

 北極星を意味する社名には経営理念を羅針盤に一丸となって目標を達するという覚悟が込められている。(問い合わせ=054・746・5136)(後藤温子)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら