オンラインスナック横丁14日開業 全日本スナック連盟・玉袋筋太郎会長より応援メッセージも

外食 ニュース 2020.05.16 Web号 00面
北海道から宮崎まで、全国でスナックの実店舗を持つママが参加「オンラインスナック横丁」

北海道から宮崎まで、全国でスナックの実店舗を持つママが参加「オンラインスナック横丁」

全日本スナック連盟の玉袋筋太郎会長

全日本スナック連盟の玉袋筋太郎会長

五十嵐真由子氏

五十嵐真由子氏

北は北海道から南は宮崎県まで、実店舗を持つ全国約10軒のスナックを集めた「オンラインスナック横丁」が14日に開業(リリース)した。URL https://snackyokocho.com/

仕掛けたのは500軒のスナックを巡り「スナ女」として活動する五十嵐真由子氏(Make.合同会社代表)。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発令により、地域社会の交流や文化を長年にわたって支えてきた多くのスナックがいまだ休業を余儀なくされているとし、全国に実店舗を持つスナックのママと利用者をオンラインでつなぐサービスが作られた。

利用者は、Web上に掲載されているさまざまなスナックから好みの店舗を選び、入場チケットを購入するだけ。普段スナックの重い扉を開くことができなかった人でも気軽に参加でき、自宅にいながらさまざまな人柄やホスピタリティにあふれるスナックママとの会話を楽しむことができる。さまざまな地域のスナックが軒を連ねているので、2軒、3軒とはしご酒してみたり、ママの方言や地域ならではの地元話が楽しめるなど、全国を旅するような気分を味わえるのも特徴だ。

全日本スナック連盟の玉袋筋太郎会長から「全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎です。今回の新型コロナウイルスの野郎の為、日本は未曾有の危機的状況に置かれています。特にナイトビジネスであるスナック業界は大打撃を受けています。実際私のお店も3月末から臨時休業中で、いつ再開できるのかわからない状況です。そんな状況下にこうして『スナック横丁』がオープンした事は、スナックという世界に誇る日本の文化を守る為の、重要な役割を果たす横丁だと思います。力不足ながら、私もできる限り応援させてもらいます。いつかコロナが晴れて、皆でお店で乾杯ができるその日が来るまで『スナック横丁』で一杯やって過ごしましょう! 負けるなスナック!」との熱い応援メッセージも寄せている。(服部泰平)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら