ビヨンド、新型コロナの大阪モデル警戒基準示すポップアップを提供開始

 【関西】大阪・なんばのITベンチャー「ビヨンド」は22日、新型コロナウイルス感染症に対する大阪府独自の基本的な考え方「大阪モデル」に基づく警戒基準の到達レベルに合わせて、青・黄・赤の3色で表示する「ホームページ用ポップアップ」の提供を、開始した。  この「ホームページ用ポップアップ」は、企業や団体、個人のホームページやブログなどに簡単に貼り付けることができるもので、警戒基準の到達レベルに合わせて自動的に日々、色が変わる。大阪府内各所ではライトアップの取組みが広がっているもの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら