小野製麺、自家・備蓄需要など受け10%増

小麦加工 ニュース 2021.04.09 12212号 04面

 半田素麺製造販売の大手小野製麺は20年、新型コロナによる巣ごもり需要や自家需要、備蓄需要などを受け前年比10%増と伸長した。21年の1~3月は落ち着いてきているが、19年比では伸びている。
 「在庫量が大幅に減少し昨年と同じ出荷は望めない。新規の取引はすべて断わざるを得ない。既存のお客さんに安定的に高品質なものを提供することに努める」(小野貴也氏)とする。(服部泰平)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら