bugoom、100匹分練り込まれた「コオロギうどん」発売 トッピング用も

小麦加工 ニュース 2021.08.02 12270号 02面
カップうどん

カップうどん

追いコオロギをした調理例

追いコオロギをした調理例

 昆虫を販売する「bugoom(バグーム)」が、約100匹分のコオロギが練り込まれた「カップうどん」を発売した。同社によると業界初という。

 吟味した小麦粉とコオロギパウダーを本来の味を損なわないように、清水で練り上げ熟成させることで上質なコオロギ麺に仕上げた。こだわり製法のコオロギ麺には、1食分につき約100匹分のコオロギパウダーが練り込まれている。カツオ、サバ、椎茸、昆布などうまみたっぷりの素材を使っただしが、コオロギ麺の味わいをぐっと引き立ててくれる、と同社はいう。電子レンジを使って簡単に調理できるのが特徴だ。

 同社は「昆虫食には抵抗がある」という人でもおいしく味わってもらえるように、姿が残った虫を一切入れていない、と配慮もされているが見た目に抵抗がなく、もっとコオロギを感じたいという消費者向けは、トッピング用のコオロギ「HOUSE CRICKETS No.22(ヨーロッパイエコオロギ)」をセットにした追いコオロギセットも用意する。「コオロギうどん」は小売希望価格810円(税込み)、「追いコオロギセット」は同1750円(同)。公式オンラインショップ(https://bugoom.jp/?AC=b9)や「bugoom大名店」(福岡市中央区大名1-3-5)、「MONOVO赤坂店」(同市中央区赤坂1-10-24)で販売するほかに、卸売も行う。(服部泰平)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら