量販店冷凍食品動向 スナックが大幅伸長 健康志向品も拡充

簡便商材として需要が高まっている

簡便商材として需要が高まっている

 【関西】近畿地区の量販店において伸長カテゴリーの一つである冷凍食品は、簡便商材としての需要が高く、近年好調に推移している。前期は素材・調理品・米飯・スナック・麺類などいずれも売上げ増となっている。弁当類から麺・スナック・米飯が主要カテゴリーにかわっており、特にスナックが大きく伸長している。(廣瀬嘉一)  冷食売れ筋商品は、定番のうどん・ギョウザ・チャーハン・たこ焼き・お好み焼きなどが売上げ上位にランキングしている。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で内食需要の高まりにとも

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら