マルハニチロ、缶・瓶詰、レトルト値上げ 9月から65品

 マルハニチロは7月30日、市販用缶詰・瓶詰およびレトルト食品の値上げを発表した。9月1日から計65品で実施し、上げ幅は商品によって約8~30%まで。値上げの理由を「原料価格の高騰や生産コストの上昇に対してコスト吸収に取り組んできたが、その努力も限界に達し、企業の自助努力だけでは吸収できない水準であるため」としている。  65品は同社の缶・瓶詰とレトルト全商品の14%に当たる。これまで個々の原料事情による値上げはあったが、複数原料の調達環境悪化を主因と

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら