ニチレイ、中間連結決算 加工食品3割増益 物流コスト増を吸収

冷凍・チルド 決算 2019.11.11 11969号 02面

 ニチレイの9月中間連結決算は、売上高が前年比1.0%増2918億円、営業利益は加工食品の3割増益がけん引して8.7%増150億円、経常利益9.6%増154億円、純利益0.9%増95億円となった。通期業績予想は売上高で100億円減額の5880億円に下方修正。厳しい事業環境の水産で70億円減、畜産で28億円減を織り込んだ。利益予想は変更なし。  大櫛顕也社長は会見で「加工食品は物流コストの上昇を、工場生産性の向上と高収益商品への集中などにより吸収した」と述べた。冷食中心の加工食

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら