ヤヨイサンフーズ・20春 技術開発で新価値提案 大豆ミートを拡充

 業務用冷食大手のヤヨイサンフーズは今春の新商品・リニューアル全62品を1日(一部除く)発売した。四つの新シリーズと減塩商品の一挙投入、大豆ミート商品の拡充などで業態別ユーザーの課題やニーズに対応。技術開発を伴う新たな価値提案を強化している。今期4~12月累計売上げは前年同期並みの281億円、営業利益は若干上回って推移。黒本聡社長は「少しでも予算に近づけるよう、最後まで数字にこだわる」としている。(本宮康博)  新商品の開発テーマは業態別に5点。主に中食へは(1)新規フライ商

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら