政府、「処理水」で風評対策へ 閣僚会議で大枠決める

総合 ニュース 2021.04.16 Web号 00面

 福島第一原発の廃炉に絡む「処理水」の海洋放出について、政府は16日に「ALPS処理水の処分に関する基本方針の着実な実行に向けた関係閣僚等会議」を初開催した。2年後の実行をあらためて確認するとともに、風評被害などの対応策について大枠を示した。東京電力に対し、期間や業種を限定せず被害の実態に見合った賠償をじん速・適切に行うよう指導した。
 風評影響に関して事業者や消費者などの声を聞くため、経済産業副大臣を座長とするワーキンググループ(WG)を立ち上げ、5

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら