東京栄養サミット 岸田首相、3000億円の支援表明

総合 ニュース 2021.12.08 Web号 00面

 世界の栄養改善策を議論する「東京栄養サミット2021」が7日夜開幕し、岸田文雄首相は今後3年間で飢餓対策などに3000億円の支援を行うと表明した。「30年までに飢餓を終わらせ、食料安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進するというSDGsの目標を、今ここで思い出しましょう。今こそ私たちの行動が必要です」と述べ、栄養問題の解決に積極的に関与していく姿勢をアピールした。
 岸田首相はハイレベル会合冒頭のスピーチで、「世界は一方で栄養不足、もう

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら