シリーズ現場改革(5)中堅企業のシステム導入〈5〉

在庫管理システムを導入したが在庫が減らない、という嘆きを耳にする。システムの良しあしを論ずる向きも多いが、システムに対する誤解や過信もあるようだ。実は、在庫管理の目的は一つではない。どのようなシステムを導入するのかも、目的によって変わってくる。目的が何であれ「在庫の見える化」は不可欠だが、リアルタイム管理にだけこだわりすぎると、落とし穴にはまってしまう。  ◆在庫把握のシステム  在庫を把握するシステムは、理論在庫(計算在庫)型システムと実棚型システムの二つが存在する。簡単に

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら