食品産業センター・西藤久三理事長 脱価格競争へ転換 ニーズ多様化に対応を

総合 ニュース 2014.01.08 10946号 01面

 食品業界が14年に直面する課題は、エネルギー問題、原料高、TPP(環太平洋経済連携協定)、消費増税など、13年からの継続課題が並ぶ。食品産業センターの西藤久三理事長は「食品業界の景況感はよくない」とした上で、「消費者ニーズが多様化している中で、価格競争ではなく、ニーズに応える競争への転換が必要」と強調した。以下に昨年12月18日の発言趣旨をまとめた。(板倉千春)  ■電力供給事情

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら