農業者による農地転用、加工施設も面積条件緩和へ 規制改革推進会議が答申

総合 ニュース 2020.07.06 12076号 02面

 政府の規制改革推進会議は2日、最終答申を提出した。答申では農林水産業にも触れ、農業者による農地の転用について、農畜産物の加工・販売施設への拡大について検討するよう促した。農林水産省は今年度検討し、来年度上期にも結論を出して、来年度中には措置する考え。  農業者人口は減り続け、高齢化も著しい。解決策として将来的に農業を担う有望な者に新規就農時の農地を確保する必要がある。また、農地を加工や販売のための施設に転用する場合、2ha以上の場合は許可が必要になっていて、付加価値を高める

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら