日清食品HDと弘前大学研究グループ、培養肉の大規模調査で意識変化に可能性

 生きた家畜の幹細胞を培養した食用の培養肉を食べたいと思う生活者は、培養肉が社会課題解決に資することへの理解を深めた場合に増える可能性があることが、日清食品ホールディングス(日清食品HD)と弘前大学の日比野愛子人文社会科学部准教授の研究グループによる20歳から59歳までの男女2000人を対象とした「培養肉に関する大規模意識調査」から浮かび上がった。理解促進への適切な情報発信によって今後、受け入れる意識に変化が起きる可能性がある。  調査結果では、「あなたは培養肉を試しに食べて

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら