業務用食品卸2団体が合同賀詞交歓会 値上げに取り組む

感染対策に万全を期し、新年会開催(前方はあいさつする白石俊彦理事長)

感染対策に万全を期し、新年会開催(前方はあいさつする白石俊彦理事長)

 首都圏業務用食品卸協同組合と神奈川県料理材料卸商協同組合の業務用食品卸2団体は13日、明治記念館で「2022年2団体合同賀詞交歓会」を開催した。会場の協力の下、開宴前に庭園などで名刺交換会を行い、宴席は着席方式、一席ずつ卓上をアクリル板で仕切り、食事以外の会話はマスク着用とコロナ感染対策への配慮の上、開催した。会員・賛助会員約170人が参加した。
 主催者を代表して昨年から2団体の理事長を兼任することとなった白石俊彦氏(イセヤ社長)は「両組合を1つに